犬の手も借りたいあなたに最適な記事を届けます

【最新】YouTubeコミュニティ解放条件の緩和

スポンサーリンク

2021年10月より、コミュニティー解放条件が緩和しました。

この記事では、コミュニティー解放条件の詳細・コミュニティーとは・コミュニティの活用方法についてまとめていきます。

コミュニティ解放条件

今までコミュニティーは

チャンネル登録者1000人を超える

チャンネルのみが使用できる機能でした。

しかし2021年10月より

チャンネル登録者500人を超える

チャンネルへとハードルが下がりました。

新規参入者にとってはとてもありがたいことですね。

しかし残念なことに収益化の条件というのは変わっておりません。

その代わりにYouTube ショートファンド金がもらえる制度が始まりました。

このショートに関しては以下で詳しくまとめていますので、

YouTubeでいち早く収益を上げたい方は是非お立ち寄りください。

【最新】YouTube Shorts(ショート) 収益化と条件やり方公開

コミュニティーとは

順番が前後しましたが、このコミュニティーについて説明してきます。

簡単に言うとLINEのタイムラインです。

今の時代、この記事を読んでいる人のなかで、

LINEを使用したことがない人はいない

と、思うので、LINEの説明は割愛します。

LINEのタイムラインのように、

文字による投稿・写真の投稿・動画の投稿・投票の投稿

などができるようになります。

YouTubeは動画投稿サービスです。

SNSではありませんので、Twitterのように文字によるつぶやき投稿はあまり使いません。

しかし、視聴者の皆さんにアンケートを取りたいときとかに、

このコミュニティーを有効利用することができます。

コミュニティの使い方

とても簡単で、今まで動画をアップロードするボタンを押下すると「投稿する」というボタンが増えていると思います。

それがコミュニティーです

使い方や、用途の例は今からご紹介します。

「+」ボタンを押下したあと、

「投稿を作成」で始めれます。

画像投稿

このように画像を投稿することによって、宣伝などを行えます。

YouTubeはSNSではないので、Twitterなどと、使い方とは少し違いますが、

アーティストであれば、LIVEの情報や、セットリストなど、たくさんの宣伝に役立てます。

動画投稿

いつものように動画を投稿するのではなく、

過去に投稿した動画をもう一度拡散させたい時に、使えます。

このように動画のリンクを貼る事で、新しい視聴者に過去の動画を宣伝することができます。

アンケート機能

YouTubeで動画投稿をしていると、

・どの時間帯が見てもらいやすいか、

・視聴者の年齢層はどれくらいなのか

など、気になることが山ほどあります。

一生懸命調べたり、アナリティクスを眺めても、なかなかわからないこともあります。

そんな時にアンケート機能を使う事で、知りたいことを知ることができます。

500人超えてるのに解放されない人

著作権違反や、YouTubeのガイドラインに違反している人は、

そういった権限が貰えない可能性があります。

もちろん収益化も行えません。

しかし、500人を超えた瞬間に使えるわけではなく、

機能が使えるようになるまで、数日かかることがあるので、

違反などをしていない場合は、しっかり待ちましょう。

違反の有無は以下で確認できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です