犬の手も借りたいあなたに最適な記事を届けます

【最新】YouTube Shorts(ショート) 収益化と条件やり方公開

スポンサーリンク

最近まではYouTube Shortsでは収益化は一切行えませんでした。

しかし、2021年8月より、収益化が可能となりました。

そんなYouTubeのTikTokことYouTube Shortsの収益化についてお話していきます。

YouTube Shortsってなに?

投稿の仕方は?

これらの質問に関しては以下の記事にて紹介しています。

【YouTube】shorts再生回数増えない時×使い方

本記事では、「収益についてお話してきます。

YouTube Shortsの収益化

以下の画像を参照ください。

YouTube ショート ファンドは、クリエイティブで独自性に富むショート動画の制作を通じて YouTube コミュニティの発展に寄与したクリエイターに分配される 1 億ドルの基金です。

毎月、数千名のクリエイターにファンドの YouTube ショート ボーナスの対象であることをお伝えします。

YouTube ヘルプ

こちらの画像はYouTubeのショートの収益化に関する公式ヘルプです。

この文章だけ読むと少し難しいかもしれませんが、

YouTube ショートでは、普段の動画の収益化とは違う収益化な点がポイントとなりますので

以下で詳しく解説していきます。

ショートの収益化

普段のYouTubeの動画では広告収入で収益を得ますが、

ショートでは、ファンドで収益を得ます。

広告収入

これは普段の動画の収益化方法です。

動画を視聴する前、視聴中に流れてくる広告の視聴数に応じて、収益を得ることができます。

ショートでは、これとは違う方法です。収益を獲得します。

ファンド

YouTubeショートでは、このファンドを受け取れます。

これは「クラウドファンディング」などの「ファンド」です。

簡単に説明すると、YouTubeが莫大な資金(お金)をショート用に用意しています。

そのうちのいくらか、今回のケースでは100億円をファンド(資金)をクリエイター。

つまりショートの投稿者に分配することです。

この分配によって収益化ができます。

もっと簡単に説明します。

YouTube Shortsでバズった人達数千名に報奨金をくださるということです。

収益化・報奨金概要

詳しい情報を開示していきます。

気になる質問をお答えします。

報奨金額は?

最低$100から最高$10000までを分配されています。

頑張れば頑張るほど、たくさんの金額を受け取ることができます。

また、条件を満たせば最低でも$100。日本円にして約10,900円ほど受け取ることができます。

対象人数は?

数千名と公表されています。

日本語として、9000人なら、一万人程度と記述すると予想しているので、

5000-7000人程度と予想しています。

毎月報奨金がもらえるの?

はい。その通りです。

このショートの査定というのは、毎月行われ、毎月支払われます。

第1回目のYouTube ショート ファンドが2021年7月でした。

2021年7月分の成績を審査し、数千名の枠に該当したら、翌月に通知と、報奨金がもらえます。

筆者は2021年8月の審査に通過し2021年9月に受け取りが確定しています。8888

審査結果発表はいつ?

毎月審査がありますので、よく月の第1週に前月分の審査が行われます。

そして、第1週目の終わり、7日~10日当たりに、メール・YouTube内・YouTube studioにて、通知を受け取ることができます。

通知を受け取った後の操作については本ブログの別記事にて紹介しています。

大体の日にちの誤差はありますが、月の半ばになっても通知が来ない場合は、残念ながら対象外となってしまったようです。

また来月の審査に向けて頑張りましょう。

いつまでもらえるの?

2020年9月までと記述されていますが、このファンドによってYouTubeがたくさんの利益を得れたのであれば、今後も続いていくのではないでしょうか?

しかし、注意点があります。

これは、一度対象になればずっともらえるものではなく、

翌月は翌月分として審査されるため、一度報奨金を受け取っても来月は対象になるかどうかはわかりません。

収益化の条件

気になる条件ですが、

YouTube ショート ファンドには、条件がありますが、ありません。

なんのこっちゃ・・・

つまり、普段の広告収入を行うための条件である。

チャンネル登録者1000人

総再生時間4000時間

という、

条件はありません。

ショート投稿者なら全員が対象になります。

しかし、投稿者全員がもらえるわけではありません。

たくさん動画を出して、バズった人にのみ与えられます。

ファンド報奨金 対象条件

該当するための基準というのは明かされていませんが、独自の調査にて、ある程度の見当がついております。

これは確実なものではありませんので、ご注意の上お読みください。

条件①:投稿数

まず、月に10本は投稿が必要でしょう。

1つの動画だけがバズっても対象にはなりません。

条件②:総再生時間

ショート動画での月別総再生時間は10000時間は必要かと考えます。

条件③:総再生回数

同じく月別の総再生回数は100万回再生は必要と考えます。

条件④:再生回数/1本

1本あたりの再生回数は

  • 50万回再生以上1本
  • 20万回再生以上2本
  • 数万回再生以上数本

くらいが必要かと思います。

最後に

必要な条件は現段階での調査では以上になります。

また、訂正や最新情報が見つかり次第、随時アップロードしていきます。

みんなでYouTubeを頑張り、お小遣いを稼ぎましょう。

YouTubeショートの動画の伸ばし方は以下の記事にて紹介しています。

【最新】YouTube Shortsの伸ばし方とおすすめ載せ方/アルゴリズム

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です